新型コロナウイルス感染症に関して

8月11日(水)に新型コロナウイルスの感染患者様の確認から8月15日(日)まで、本町において32名が確認されました。

当院の感染状況をご報告させて頂きます。
8月13日(金)に発熱した病棟職員にPCR検査を実施したところ、陽性であることが判明しました。その結果を受け3F病棟・4F病棟の入院患者様及び全職員(都合により検査が出来ない職員は随時)にPCR検査を実施したところ、全員が陰性でした。検査結果は現時点での陰性を示すものですので、気を緩めることなく、今後も引き続き患者様ならびに職員の健康管理の徹底、感染防御に努めてまいります。

このような状況下のなか、喜界徳洲会病院より診療体制についてお知らせを致します。
8月16日(月)から8月22日(日)の間、通所リハビリ・外来リハビリ・訪問リハビリの休止、専門外来を休診とさせて頂きます。なお、一般外来の定期処方は電話診療で行います。それに伴い、外周送迎バスも運休させて頂きます。急患対応・透析は通常通りの対応となります。
入院中の患者様へのご面会につきましては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、引き続き「面会禁止」とさせて頂きます。ご面会希望の皆様へ、大変ご迷惑をおかけしますが、院内感染対策へのご理解とご協力をお願い申し上げます。

なお、当院の新型コロナウイルス感染症の入院患者様を受ける病床は限られております。
島外への搬送は、搬送準備に時間がかかることなどから適時に行えないことがあります。これ以上の島内での感染拡大は抑えなければなりません。島民の皆様にも引き続き感染拡大防止対策の徹底をお願い申し上げます。

2021年8月15日
喜界徳洲会病院 院長
浦元 智司

2021-08-15 | Posted in ご案内Comments Closed 

関連記事